天文学振興財団について

Subaru Telescope

21世紀の天文学は、情報・通信科学や光・電子工学など、最先端の科学技術を駆使する夢多い未来科学として、多くの若者や子供達を惹きつけ、広い意味での科学者の育成や理科教育の推進にも、大きな役割を果たしています。

また、宇宙の観測が地球ぐるみで行われることから、研究現場では国際的な交流や協力が盛んに進められています。

こうして天文学は、自然科学研究の専門分野としての枠を超えて、人類の文化・文明の発展に、大きく貢献し続けています。

本財団では、1994年の設立以来、このような天文学を振興するため、国内外での研究活動の援助、国際交流・協力の推進に努めるほか、天文学の最新成果を社会に還元し、青少年に夢を与える事業などを、積極的に行って来ました。そして、2013年4月1日からは新制度の公益財団法人として再スタートしました。

このサイトについて

  • 著作権について
    • このサイト上のコンテンツの著作権は、一部画像を除いてすべて、公益財団法人天文学振興財団に帰属します。
  • コンテンツの利用について
    • 当サイトの文書・画像等すべてのコンテンツの無断転用を一切禁じます。また、文書等コンテンツへ直接リンクを張ることを禁じます
  • リンクについて
    • 当サイトへのリンクは、必ずトップページ (http://www.fpastron.jp) にのみ張ってください。トップページへのリンクは自由です。
  • 免責事項
    • このサイトに掲載された情報の利用に伴って発生した不利益や問題については、当方では一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

お問い合わせ先

公益財団法人 天文学振興財団 事務室
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1 国立天文台内
TEL 0422-34-8801  FAX 0422-34-4053
メールでのお問い合わせ

最終更新日:2013年5月28日